ベルブランはでこぼこ肌をプラセンタとヒアルロン酸でケア!

ベルブランはでこぼこ肌をコラーゲンとヒアルロン酸でケア!

 

ベルブランではニキビ跡で悩んでる人の多いでこぼこなクレータ肌も対策しています。
シミと並んでニキビ跡では非常に多い悩みですよね。

 

ここを治すことができれば肌の見栄えもかなり良くなります。
そんなでこぼこ肌の対策を解説していきます。

 

キモは2種類!

このでこぼこ肌対策にはヒアルロン酸、コラーゲンの2種類の成分が大きく作用しています。
両方ともでこぼこになった肌に効果があるとされてるんですね。

 

ヒアルロン酸で水分をためる!

まずヒアルロン酸ですが、こちらはのほうでは肌の中に長時間水分を保持することを目的としています。

 

 

ヒアルロン酸というのは整形手術でよく聞く言葉なんですが、ものすごく保水性が高いんです。
その量は1グラム中6000ccという多さ。

 

1tは1?なので6000tということは1リットルのペットボトル6本分になります。
それほどの量が1グラムに詰め込まれてるんです。

 

さらに加水分解ヒアルロン酸という肌に水分を浸透させやすく長時間キープさせる効果のある成分も併せて配合。

 

 

これにより肌のごわごわしている角質をふんわりさせることができるようになります。
でこぼこ肌は乾燥して古い角質がうまくはがれなくなっているのも大きな原因になっています。
なのでこのヒアルロン酸でたっぷり保湿してやることが重要なんですね。

 

コラーゲンでハリを回復!

水分を補給してあげたら肌の状態を上げていきましょう。
そのカギとなるのがコラーゲン。

 

肌の一番上に当たる真皮の90パーセントをコラーゲンは占めるといわれています。
このコラーゲンは肌の細胞同士の接着剤の役割をしていて、離れ離れになりそうな細胞をきちんとした形で整列させているんです。

 

通常はこれによって肌は弾力やハリをためっているんですが、ニキビによって乱れてしまうとコラーゲンが減り、整列できない、
つまりでこぼこの肌になってしまうんです。

 

ということで水溶性のコラーゲンをメルブランは補給。

 

 

ちきっと細胞が整列してるのが分かりますか?
ちゃんと整列させてあげれば肌の凸凹は治ってくれるんです。

 

まとめ

 

ヒアルロン酸でたっぷりは質
コラーゲンでハリや弾力の復活

 

この2点がメルブランのでこぼこ対策です。
今まで治らないとあきらめてた人もしっかりとした利用をすれば治る可能性は全然あるんですね。

 

 

↓公式サイトはこちら↓